DIORMAG | DIORMAG

04.08
サヴォワールフェール

Lady Diorバッグのサヴォワールフェール動画 

04.08
サヴォワールフェール

Lady Dior”バッグのサヴォワールフェール

メゾンを支える、優れた技巧を持ち、高いクオリティへの情熱を傾けるエキスパートの職人たちによって生み出された“Lady Dior”は、ディオールのサヴォワールフェールが刻み込まれたバッグ。誕生までの秘話をご覧ください。

Lady Dior”はメゾンのアイコニックなバッグで、誕生から20年経った現在でも、洗練されたエレガントな雰囲気を保ち続けています。フィレンツェから数キロメートル離れたアトリエで、最も優れたサヴォワールフェールを有する革職人によって製造されています。流行を超越したバッグづくりは、ラムスキンからアリゲーター等のプレシャススキンまで、レザー選びから始まります。レザーは、1㎝ごとの感触、吟味、観察のルーチンを経て検品されています。

ここでご紹介するヌードカラーの“Lady Dior”の場合、職人は型紙に合わせて、鋭利なカッターで32のパーツを切り出します。次にカナージュの工程へと進みます。使用されているレザーは、1947年2月12日に開催されたディオール初のファッションショーでお目見えしたもので、ディオールのサロンに展示されているナポレオン三世愛用の椅子の座面にあしらわれているモチーフのグリッドを、刺しゅうで精巧に再現したものです。

次に、バッグ本体の大きさに合わせて成型された木型に、革張りを施したハンドルを取り付けます。バッグの組み立てと同じく、全て手作業です。成型も、革張りも、完璧なストラクチャーも、完成へと導くことができるのは職人の手だけ。ムッシュ・ディオール曰く「芸術作品だけが持つ唯一無二の個性(中略)どんな機械にもつくり出せない詩魂と生命をオブジェに与えることができるのは、人間の手以外にはないのだから」。

次に、現代風にアレンジしたハトメ、リベット、D.i.o.rチャーム等のメタルパーツを取り付けます。こうしたディテールのひとつひとつに技巧を駆使することで、バッグ全体の美しい調和が保たれるのです。チャームの隣にあしらわれたレザーディスクに《Christian Dior》のホットスタンプを刻印することで、ディオールの完璧な製品であることを証明します。最後に、ショルダーストラップは取り外しと長さ調節が可能なので、ショルダーバッグとしてもクロスボディバッグとしてもお使いいただける優れたパーツです。