DIORMAG

11.24
新作

生命の色

鮮やかな欲望のシンボル、レッドは、クリスチャン・ディオールにとって「生命の色」。この情熱に忠実に、ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスは、このアイコニックな色のあらゆる側面を探求しています。

タイムレスで抗いがたい魅力。ディオールのレッドはメゾン独自のノウハウを現わすもの。女性にインスピレーションを与え、女性が望みを持てるように、代々受け継がれてきた貴重なヘリテージ。

ブラッシュ、ヴェルニ、リップスティックに展開される、あまりにも象徴的な「ルージュ ディオール 999」。この色の女王は鮮やかなピグメントを広げ、センシュアルでパワフルな魅惑の力を与えるのです。大胆な表現の色、レッドは、あらゆる肌の色や歴史に適応しながら、女性一人一人の魅惑のエッセンスを明かしてきました。「どの女性にもその人のレッドがある」と創設者のクチュリエは記し、歴史家ミシェル・パストゥローによる情熱的な次の文章に対して創造性豊かに応えました:「赤は、詩情、幻想、象徴、どの観点から見ても、もっとも強く、驚くべき、豊かな色でありつづけた。...赤は広大な海である!」(『Rouge. Histoire d’une couleur』(赤の歴史文化図鑑)、スイユ社刊)

11.15
イベント

グッゲンハイム インターナショナル ガラパーティ

ディオールの力によって実現した、今や世界に知られるグッゲンハイム インターナショナル チャリティガラパーティは今年、アートとの特別な結びつきで名高いこの場所に関連する4人の人物 -  フランク・ゲーリー、ピーター・ローソン・ジョンストン、メアリー・シャープ・クロンソン、キャロライン・クロンソン - にオマージュを捧げました。またそれは蔡國強、ポール・チャン、ジェニー・ホルツァー、ジュリー・メレツ、リチャードプリンス、キャリー・メイ・ウィームズによって企画された展覧会を鑑賞し、チェロ奏者ケルシー・ルの美しいパフォーマンスに酔いしれる機会となりました。時の流れを忘れてしまいそうな、魅力的な夜でした。

11.15
イベント

第7回グッゲンハイム ガラパーティでディオールをまとうスターたち

グッゲンハイム インターナショナル ガラパーティのチャリティディナーの華やかな舞台に、シャーリーズ・セロン、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、カーリー・クロス、そしてその他のセレブリティたちがメゾン ディオールの最新クリエーションをまとって登場しました。

11.14
イベント

画像で見る、グッゲンハイム インターナショナル ガラ 2019のプレパーティ

ディオールがスポンサーを務めるグッゲンハイム インターナショナル ガラ2019(GIG)のプレパーティが昨晩、ニューヨークで開催。記念すべきこのイベントでは、建築家フランク・ロイド・ライトが手がけた傑作、グッゲンハイム美術館の60周年を祝しました。グッゲンハイム美術館のアイコンともいえる螺旋階段を舞台に、フランスのシンガーソングライターのクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズと、ミュージシャンのキャロライン・ポラチェックによるDJパフォーマンスが繰り広げられました。ディオールの友人やアート界の数々の著名人が一堂に会したこの類稀なる夕べの様子を画像で振り返りましょう。

11.14
イベント

グッゲンハイム インターナショナル ガラでディオールを纏ったスターたち

 

メゾンにより実現の運びとなったグッゲンハイム インターナショナル ガラのプレパーティーに際し、 オリヴィア・パレルモ、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、カミラ・コエーリョをはじめとする著名人がマリア・グラツィア・キウリの最新クリエイションに身を包みました。  

過去の記事