DIORMAG

04.24
新作

Care & Dare

 ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター、ピーター フィリップスがデザインした「ケア&デア」コレクション。肌をケアしながら、美しいカラーを大胆に楽しむニュールック。

この夏、くちびるがすべての視線を誘惑。ピグメントを豊富に配合した6つの新色が登場する「ディオール アディクト リップスティック」で口元を鮮やかに彩ると当時に、ケア成分を注入した純白の中心部分でしっかりとリップケア。艶やかなカラーを引き立てるように、「ディオールスキン ヌード エアー パウダー コンパクト」がアンバーのソフトな光沢で肌を包み込みます。スキンケア成分を豊かに配合した純白の「NUDE」の文字が象られ、外部の刺激から肌を守るシールドを形成します。さらに、数滴の「ディオールスキン エアー ルミナイザー」が、太陽を浴びた健康的な小麦肌の自然なツヤを高めます。この夏の新しいビューティールックのハイライトは、煌めくまなざし。アイシャドウパレット「サンク クルール」フォーカスは、暖かみのあるブロンズが目元に深みを与え、明るいサニーイエローとコントラストを描きだします。ルックをより華やかに演出するために登場した、新作「ディオールショウ カラー&コントゥール デュオ」は、ほんのり色づいたアイシャドウと鮮やかな発色のアイライナーをひとつに融合。シェル・ブロンズ、サン・バス、シー・ベイのシェードが展開します。

04.24
新作

サマールック

季節はまもなく夏。ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター、ピーター フィリップスがニュールック「ケア&デア」をデザイン。スキンケア成分を豊かに配合したアイテムで、煌めくカラーを美しく引き立てます。

「2017夏コレクションのスピリットに宿る2つの重要なコンセプト。それは、肌の保護、保湿、心地よさを表す“ケア”と、ファン、カラー、アドベンチャーを表現する“デア”です。」ピーター フィリップスが創造した眩いルックは、太陽を浴びながら、しっかりとサンケア。鮮やかなカラーやブロンズカラーのパレットは、スキンケア成分を注入した純白部分によって美しさが際立ち、はじけるコントラストを生み出します。新たなカラーアートのミューズを務めるのは、モデルのリンジー・ウィクソンです。  

04.23
ディオールの遺産

58/映画の70シーン  

ジャン=ジャック・ベネックス監督作品『溝の中の月』でディオールを纏うナスターシャ・キンスキー。

©

T.C.D / La Lune dans le caniveau, de Jean-Jacques Beneix

04.23
ディオールの遺産

57/映画の70シーン

ジャン=ジャック・ベネックス監督作品『溝の中の月』でディオールを纏うナスターシャ・キンスキー。

©

The Kobal Collection/Aurimages

04.23
ディオールの遺産

56/映画の70シーン

スタンリー・ドーネン監督作品『Indiscreet(原題)』で、イングリッド・バーグマンは1957秋冬オートクチュール コレクションのクリエイション「Tuileries」を纏っています。

©

1978 Sanford Roth/AMPAS/mptvimages.com

過去の記事