Complete the order

2017夏 DIOR HOMME
コレクション ショー

2016年 6月 25日 - パリ -
15時30分 (GMT+02)

クリス・ヴァン・アッシュの Dior Homme 2017夏コレクションは、想像上の移動遊園地のインダストリアルな風景の中にハシエンダやマンチェスターにあったニューウェーブのナイトクラブが持っていた若いエネルギーを放たせることによって、明瞭な進化を引き起こしています。秩序と混乱が同時に表現され、ニューウェーブとスポーツのダイナミズムへのフラッシュバックと洗練されたテイラーリングが次第に高まりを見せながらミックスされています。

「今シーズンは、思春期の想い出を振り返る共通意識を感じるコレクションになっています。」とクリス・ヴァン・アッシュは打ち明けます。「この新しいストーリーを語るために、様々なジェネレーションを総括し、パーソナルなプリズムを通してカウンターカルチャーを観察することに興味を抱きました。」                 

フォーマルなワードロープに対する新しい認識が次第にシルエットに現れ始めます。代々伝わるアトリエのサヴォワー フェールとインダストリアルなディテールと装飾が調和を生み出します:ツーピース スーツの概念を覆すアイレット ステッチ、組紐、ホチキスの芯、プリントがほどこされたウール。クラシカルな厳格さを破壊するようなノースリ―ブのジャケット、身体を覆いながらも夏の肌を露わにするハーネットを組み合わせた透けるニット。

捨てられていたり、着古されていたり、傷んでいるような風合いを持つ素材は手作業によるものであり、装いへの記憶への考察が見受けられます。テニス ストライプは擦り切られ、ニットには傷がつけられ、千鳥格子は輪郭がぼかされ、亀井徹の花の絵が階級章のように現れます。これらのハイブリッドな要素によるワークウェアやスポーツウェアへのレファレンスが、節度ある反抗というパラドックスを強く刻みこんでいます。

+詳細はこちらをご覧ください閉じる

演出

Dior Homme 2017年夏コレクションショーの舞台はベルギーのアントワープにあるSinksenfoor遊園地の雰囲気を再現しました。夕暮れ時の遊園地に集まるアントワープの若者たちのアティチュードからインスピレーションを受けたクリス・ヴァン・アッシュは、マルチカラーの照明でアクセントがつけられたインスタレーションの周囲を2017年夏コレクションショーのモデルたちを歩かせることを想像しました。カーブ、宙返り、直降下を表現したメタリックのプレートがポディウムの上に置かれ、ジェットコースターの構造を想起させます。

+ 詳細はこちらをご覧ください

セレブリティ

Spotted at today's show, the ultimate #DiorHomme gang. #StarsinDior #PFW

+ 詳細はこちらをご覧ください

舞台

Dior Homme 2017夏コレクション ショー発表の舞台となった遊園地のセットが出来上がる様子をタイムラプスでご覧ください。

+ 詳細はこちらをご覧ください

クリス・ヴァン・アッシュのインタビュー

Dior Hommeアーティスティック ディレクターのクリス・ヴァン・アッシュが、自身のインスピレーションと2017夏コレクションの誕生について特別に語ってくれます。

+ 詳細はこちらをご覧ください

ディテール

パンクの刺繍、スポーツウェアの紐、ウロコのようなプリント...。2017夏Dior Hommeコレクションのショーを彩ったモチーフや素材、ディテールにフォーカスします。

+ 詳細はこちらをご覧ください

バックステージ

Backstage moments from the #DiorHomme fashion show. #PFW

+ 詳細はこちらをご覧ください

個人情報

ファッション& アクセサリー

個人情報

フレグランス&ビューティ

データの保護

言語

パスワードを忘れた場合

パスワードを受け取るにはアカウントに登録されている
Eメールアドレスを入力してください。